ハタ鉱泉株式会社
〒534-0014
大阪府大阪市都島区都島北通1-10-20
TEL.06-6921-5138
FAX.06-6925-4044
 
qrcode.png
http://www.hata-kosen.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
061417
 

ハタラムネ豆知識

 
 
ラムネの定義とは?!
 ラムネの定義とは?!
 
明治、大正、昭和、そして平成へと飲み続けられ、時代を越えて愛されている「ラムネ」。
「ラムネ」とはという質問に対し、少しお堅いですが所轄官庁等の公式見解を以下にお知らせします。

(1)ラムネの定義について
ラムネとは「玉ラムネびんに詰められた炭酸ガス入り飲料」をいう。
(昭和34年7月1日 農林省農林経済局長名にて)

(2)商品「ラムネ」の解釈について
商標法施行規則第29類中の「ラムネ」とあるのは、「甘味、香料などを加えた水に炭酸ガスをとかし、びんにつめ、ガラス玉にて密栓することを特徴とする炭酸飲料の一種」として取扱っている。
(昭和53年3月27日 特許庁審査第一部 商標課長名にて)

(3)ラムネについて(回答)
ラムネに係わる表示で消費者が誤認するおそれがある等の事態が生ずることは好ましくないと考える。
なお、「ラムネ」という名称は、玉詰びんに詰められた炭酸飲料について使用されてきたと理解している。
(昭和53年5月4日 公正取引委員会取引部 景品表示指導課長名にて)
 
大企業は「ラムネ」を作れないって本当?!
 大企業は「ラムネ」を作れないって本当?!
 
大企業と中小企業が共存共栄していくためにわが国には「分野調整法」という法律があります。
ラムネ・シャンメリー・びん詰コーヒー飲料・びん詰クリームソーダ・ポリエチレン詰清涼飲料(いわゆる
チューチュー)・焼酎割り用飲料の6種類は中小企業特有の商品と規定されています。
 
あのペリーがラムネを日本に伝えたの?!
 あのペリーがラムネを日本に伝えたの?!
 
時は幕末(1853年・嘉永6年)、アメリカのペリー提督率いる黒船が浦賀に来航。ペリーは艦上での交渉時、江戸幕府の役人に「ラムネ」(炭酸レモネード)を振舞ったとされています。
ラムネを開栓した時の「ポン」という音に、幕府の役人は「さては新式の銃か!」と腰の刀に手を掛けたとか。
当時のラムネ瓶はコルク栓を使用していたので、栓が乾かないようにするために寝かせておく必要がありました。また、底が尖った形をしており「キュウリ型瓶」と呼ばれ、コルク栓がガス圧で飛び出さないように針金で縛っていました。
「ラムネ」という名称は、このレモネードがなまったものと言われています。
 
どうしてビー玉が栓なの?!
 どうしてビー玉が栓なの?!
 
ラムネは他の清涼飲料と違って、「ビー玉」が栓の役割をしています。
現在のように王冠・スクリューキャップのない時代には、もともとコルクで栓をしていました。その後、イギリスのコッドという人がビー玉で栓をする方法を考えました。
「コッド瓶」です。
1888年にその「コッド瓶」の特許が切れた際に、大阪の徳永玉吉という人が日本で始めてビー玉を使い栓をするラムネ瓶を作ったと言われています。
ビー玉が栓の役割を果たす仕組みは、製造段階でビー玉が真中に落ちた状態の時に、原液と炭酸を入れ、その後すばやく瓶を逆さまにすると、ラムネ液に含まれる炭酸ガスの圧力でビー玉が口部に圧着され栓となります。
ハタ鉱泉のラムネが出来るまで をご参照ください。
 
なんでビー玉っていうねん?!
 なんでビー玉っていうねん?!
 
その昔、大阪でラムネの栓に利用できるビー玉を「ええ玉=(良品の玉)」と言ってました。
「ええ玉」は「A玉=(A級の玉)」となり、反対に、基準外のビー玉を「B玉=(B級の玉)=ビー玉」と呼ぶようになりました。
商売上手な大阪商人はラムネの栓には利用できない「B玉」も子供のおもちゃの「ビー玉」として販売を始めました。
とホンマかいなという話です。
別の説では、ポルトガル語でガラスを意味する「ビードロ」がなまり、「ビードロの玉」すなわち「ビー玉」となった説もあります。
 
どのようにしてビー玉を瓶の中に入れるの?!
 どのようにしてビー玉を瓶の中に入れるの?!
 
あくまで昔の話です。現在は日本国内ではオールガラスのラムネ瓶は生産されていません。

(1)胴部と口部を別々に作り、胴部にビー玉を入れてから両方に熱を加え、溶かして1本の瓶にする「ロウづけ」と呼ばれる方法。
(2)ビー玉が入るくらいの口部の広い瓶を作り、ビー玉を入れ、その後瓶の口部をガスで焼いて柔らかくし、最後に口部を冷やし狭くする方法。

現在では瓶の口部(青色のプラスチック部分)と瓶の胴部を別々に生産し、瓶の胴部生産後に、上からビー玉、口ゴムを入れ、最後にネジ式にて口部を結合させています。
 
「ラムネの日」があるって知ってた?!
「ラムネの日」があるって知ってた?!
 
1872年(明治5年)の5月4日、東京で千葉勝五郎という人が商業的なラムネの製造販売を始めました。これを記念して、5月4日は「ラムネの日」となっています。
最近では、大手スーパーなどでゴールデンウィーク中に「ラムネの日フェア」等を行なっていただき、ラムネの普及に力をお借りしています。
<<ハタ鉱泉株式会社>> 〒534-0014 大阪府大阪市都島区都島北通1-10-20 TEL:06-6921-5138 FAX:06-6925-4044